ただいま受講生を募集しています!

セラピストとはどんなお仕事?どうやったらなれるの?

セラピストとはどんなお仕事なのか、皆さんはご存じですか?名前を聞いたことはあっても、どんなお仕事なのかは案外知らない方も多いのではないでしょうか。

実はセラピストという言葉には明確な定義はありません。

「セラピスト(therapist)」という単語は「治療・療法」という意味の「セラピー(therapy)」と「~する人」という意味の「ist」で成り立っています。
なのでセラピストとは「治療・療法する人」という意味を持ち、沢山の仕事に当てはまる単語なのです。

ではセラピストのお仕事とは、いったい何なのでしょうか?

簡単に言ってしまうと「身体と心の不調を様々な方法で癒すこと」です。

その種類も

整体やリンパマッサージなどの「ボディケアセラピー」

カラーセラピーやカラーストーンセラピーなどの「メンタルケアセラピー」

アロマセラピーやフラワーセラピーなどの「リラクゼーションセラピー」

治療行為を目的とし、国家資格が必要となる「医療セラピー」

など、多種多様です。

なのでセラピストになるにあたって、まず自分がどのような施術をしていきたいかをしっかりイメージする必要があります。

イメージが固まったら次に気になるのが資格の有無。

どういう資格を取ればセラピストと名乗れるのでしょうか?

技術職であるセラピストのお仕事には資格の習得が絶対に必要というわけではありません。

しかし例外として医療セラピーに携わる

・柔道整復師

・あん摩マッサージ指圧師

・鍼灸師

・作業療法士

・理学療法士

など、国家資格が必要となる職種もあります。

その他にもお勤め先のサロンによって民間資格が必要となる場合もあります。

その中でも

日本アロマ環境協会(AEAJ)の「アロマセラピスト」

日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)の「レギュラーライセンス」など

日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士資格」

などがよく知られています。

目的とする施術にあった資格を目指すのもセラピストへの道の一つ。

専門的な知識を深め、それが施術へ反映されるとお客様からの信頼へ繋がります。

『セラピストスクールPentagon』ではそれぞれのコースで基礎的な事から専門的な事まで知識、技術の両方が身につくようにサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です